2019年7月31日

ZCC

オールインワン・コラボレーションサービス

ビジネスに必要なコラボレーションツールとセキュリティがすべて含まれた

オールインワンのクラウドサービス

Zimbra Collaboration Cloud(ZCC)は企業向けのメール、カレンダー、ドキュメント共有・共同編集、チャットなどのビジネスアプリケーションと安全なクラウド利用、メールの送受信に必要とされる「セキュリティソリューション」を組み合わせた、オールイン・ワンのコラボレーションサービスです。近年の働き方改革やテレワーク、リモートワークに必要なマルチデバイス対応やどこからでも安全に接続できる環境を、強固な認証技術により、ゼロトラストネットワークベースで様々な認証により安全に利用することが可能になります。
さらに、企業における重要なコミュニケーションツールであるメールをより安全に送受信できるように、標的型対策や無害化、情報漏洩対策、誤送信対策など、必要なセキュリティ機能はすべて備わっています。
これ一つで安全性と利便性を兼ね備えたコラボレーション環境をすぐに利用でき、効率的な業務をすぐに始めることが可能なクラウドサービスです。

ZCCのコア技術として、Zimbraを採用しております。

Zimbraは2006年の誕生から13年以上の実績のあるOSSベースのコラボレーションパッケージで、多くのビジネスアプリケーションを一つのパッケージで提供しています。
全世界で5億人が利用しており、日本でも700万人以上の利用実績ありがあり、安定したサービス提供を行っています。
ZCCでは、このZimbraに様々なセキュリティ機能を組み合わせ、クラウドサービスとして提供しています。

Zimbra Collaboration Cloudの主な機能

使いやすいインターフェースの高機能Webメール。大容量時代のメールの検索も非常に高速

複数人の空き時間の提案や共有など、業務を効率的にサポートするカレンダー機能

ユーザ間の共有や、オフィス文書の共同編集機能などビジネスシーンで役に立つドキュメント共有機能

素早いコミュニケーションを実現するチャット機能

クラウドへのアクセス制御や、メールの送受信を守る様々なセキュリティ機能

Zimbra Collaboration Cloudの主なセキュリティ機能

接続元の状態や状況により、様々な認証を組み合わせることによりクラウドサービスへのアクセスを制限

新たな脅威が次々に発生する現代において、防御、検出を行うセキュリティ

送信するメールに対して、添付ファイルを自動でZip暗号化。

万が一誤送信してしまった場合の対策も可能です。

不注意による誤送信を警告を警告する機能を標準で搭載しています。送信取り消しや、

複数ドメイン宛て、連絡先未登録のアドレスに対する送信に確認メッセージを表示できます。

最後に忘れてはならない「人的対策」

受信者側でも怪しいメールを「開かない」「クリックしない」という訓練も必要です。

定期的に疑似攻撃メールを送信し、収集したユーザーアクションの集計結果を提供します。